キャッシングとクレジットの機能の違い

クレジットカードには、機能の一つとして、キャッシングのシステムが搭載されているものもあります。そのカードは買い物に使用するだけではなく、お金を借りるために使用することも可能となります。

財布に現金がなくても買い物ができるというのは、クレジットカードにもキャッシング機能にも共通した事項ですが、現金を手にすることはキャッシングの機能にしかできません。クレジットカードを使えない場所での支払いや買い物では、現金を引き出せるキャッシングの使用が有効です。

とはいえキャッシングがお金を借りる手段であるのに対して、クレジットカードはあくまでも後払いにしてもらうシステムとなるので、よりリスクが少ないのはクレジット機能の方であると言えます。一月の範囲で使用したお金を振り込めるのなら、クレジットカードの使用の上には、利息も適用されません。利用しても特に得るものがないキャッシングとは違い、支払いの際にポイントがつくのもクレジット機能の魅力です。

キャッシング機能付きのクレジットカードを使用する際には、それぞれの特徴に合わせた、損のない使い方を考えなければなりません。機能をけして同一視せず、必要な時に必要な方を使っていきましょう。


このページの先頭へ